葬儀の際に気を付けたいマナー

葬儀に参列する前に気を付けることとしては、訃報の知らせを受けたとしても深夜に駆けつけたり、電話をかけてお悔やみを述べるようなことはしてはなりません。

葬儀を控えた遺族は家族を亡くした悲しみと葬儀の忙しさで大変な状態ですので、深夜の訪問や電話でのお悔みは失礼に当たります。



どうしてもいけない時には弔電を打ちましょう。



喪主の家は非常に忙しい状況になっていますので、遺族も疲れています。

そのため長居するのはマナー違反となりますので、するべきことを行ったらすぐに出ていくようにしましょう。



近所の方は手伝えることがないかをうかがって進んで手伝いをすべきです。

葬式においては個人と対面をこちらから行うのは失礼に当たります。
喪主側から体面を求められたときのみ謹んでお受けするようにしましょう。
次に参列するときのマナーとしては、遅刻しないことや親族と長話をするということがあります。また遺族に亡くなられた経緯を聞くという行為も、遺族の心をえぐる行為として失礼に当たりますので、注意しましょう。

お世話になった方が亡くなった時などは、お花を贈ることがあります。



このような花を供花といいますが、それを送るときにも専用の方法があります。



まず遺族へ直接花を贈るのは失礼に当たります。



これは遺族が心を乱されている状況であるために、遺族に対応を迫るべきではないためです。そこで葬儀社に連絡して花を送ってもらうという方法が最も適切です。

関連リンク

自然葬は現在人気のある葬儀です

現代の日本では人が亡くなった際、葬儀をすることが通常となっています。ですがかつてまでのように、広い会場を利用して僧侶に読経をしてもらうというようなあり方は少なくなってきました。...

more

葬儀を営む時に事前に知って置くと良い事

葬儀に参列する事は比較的多いものですが、それでも宗教や宗派によって異なる不祝儀の表書きや焼香の作法など、いつもマナーに適っているか心配になるものです。一方で、葬儀を営むとなると、経験した事はほとんどないのが一般的で、もうどうすれば良いのか分からないでしょう。...

more